【アフィリエイト成功心理学】 心理学でアフィリエイトを成功させよう!

アクセスUP大作戦!?

【アフィリエイト報酬について】

アフィリエイトでどれくらい稼げるか、
それを考えるにあたっていくつかの要素があります。


それを公式にすると…

アクセス数 × 成約率 × 報酬単価 = アフィリエイト報酬

になります。


注)正確には[成約率]の部分はもう少し分解できますが、
  ここではひとまず省略します。

たとえば、300アクセスがあなたのブログ・サイトにありました。
そして成約率が1%で報酬単価が5000円だったとします。

そうすると、

300(アクセス)×0.01(成約率1%)×5000(報酬単価)
=15000円

これがあなたのアフィリエイト報酬になります。


この式は掛け算の公式になりますので、
どこかがゼロの場合、報酬もゼロです。

これはお分かりいただけますよね。


■□■□■□■□■□■□

【アクセスアップさせるには?】


アフィリエイト報酬は[アクセス数 × 成約率 × 報酬単価]
この公式で計算できることがわかりました。


ですので、あなたのブログやサイトに
アクセスを集めることは絶対にしなくてはいけない事柄です。


(アフィリエイトに限らず実業においても
お客さんが来てくれなければ、利益は発生しませんよね)


さて、ではそのアクセスを集める方法について
考えてみましょう。



アクセスを集めるために大切な考え方は

【人が集まっているところから誘導する】

ということです。

来てくれる人がどこにいるかを考え、
その、すでに人がいるところからあなたのサイトに
誘導するのです。


実際の店舗で考えてみましょう。

たとえば次のお店なら、
どちらのほうがお客さんが来やすいと思いますか?

A)駅前の一等地
B)人里離れた山間部

当然、Aの「駅前の一等地」ですよね。

すでに人の流れがあるところがどこかを考え、
そこから自分のお店(ブログなど)に
人の流れを誘導するという考え方が大切です。


まずはこの考え方、

【人が集まっているところからアクセスを誘導する】

ということを、絶対に覚えていてください。


これをきちんと理解していないと、
手段と目的が混同してしまいますからね。



■□■□■□■□■□■□


それともう1点。

アフィリエイトなどはパソコンで行っていますので、
ついつい「数値」だけでものを考えてしまいがちです。


どういうことかというと、

「昨日は30アクセスあった。
 一昨日は5アクセスだったから、数字が増えた♪」

などです。


アクセス数が増えたということは、
それだけ、あなたのサイトを見てくれた人がいた
ということですよね?


単なる数字ではなく、そこには「人」がいるわけです。


このように、アクセスUPということに
こだわるだけではなく、
『たくさんの人に見てもらう』という気持ちを大切にして下さいね。

blogのアフィリエイトで稼げない理由

アフィリエイトで稼げない理由、原因はいくつかあります。

その中でも

「コレをやってたら、絶対にアフィリエイトで
稼げるようになりませんよ」

ということをお伝えします。



「コレをやってたら、アフィリエイトで稼げるように
絶対になれない」理由


それはズバリ、「作業をしないこと」です。

…当たり前ですね。


ブログにある程度の形ができており、
・メルマガ登録してもらう
・キャッシュポイントを設置しておく
といった仕組みがきちんとできていれば、
ある程度ほったらかしてもOKです。

でもそれができていないうちは、
こつこつと作業を続けることは必須です。


実は私自身、仕事の都合で時間が取れず、
8月28日に記事を更新してから久々の更新になってしまいました。

120%言い訳です。。。


参考までに…

日々更新していた時のユニークアクセス数 158
(8月25日〜28日)

1日平均で約40ですね。

更新が止まっていた時のアクセス数 183
(8月29日〜9月2日)

1日平均で約36です。


…相変わらずまだまだ少ないですが、
更新していない間にも見に来てくださった方が
いらっしゃいました。


そのように、1日平均で36人の方が見に来てくださったのに、
「なんだ、このブログ更新されてないじゃん」
と思われたら…もう二度と来てもらえないですよね(涙)


見に来てくださった方に対して、
・役立つコンテンツを置いておく
・何らかの「おみやげ」を持って帰ってもらう

それを心がけていくことが、
先々の収入につながります。


ですので、そのためにもきちんとした
コンテンツを作り続ける努力をしていかなくてはですね。


今日の記事は、自戒でした!

お読みいただき、ありがとうございました。